2023年の寒中見舞いです。冬はあまり得意ではないので、見ていて気分が上がるようなデザインを目指しました。

こちらはTwitter投稿用につくった画像です。枠をつけています。